輸入生地の通販 ショップ生地屋さん

輸入生地のネット通販 ショップ生地屋さん

rss

HOME»  コラム一覧ページ»  様々な材質があり高級感のあるサテン生地
様々な材質があり高級感のあるサテン生地

サテンとは、しゅす織りでおられた生地

サテンといってもその材質には様々なものがあります。
高級な絹からナイロン、ポリウレタン、アセテート、ポリエステルなどの合成繊維、綿糸など多種多様な材質が使われています。
サテンに使われるしゅす織りは、経糸(たていと)か緯糸(よこいと)のどちらか糸の浮き具合が浅いため、どちらかの糸だけが表面に見えるのが特徴です。
手触りが滑らかで光沢が良く、高級感が感じられる生地だといえるでしょう。
シルクなどもともと光沢のある材質を用いた生地は、さらに光沢が出て高級感のある雰囲気を醸し出してくれます。

サテン生地の使われ方

絹などのシルクサテンは、ゴージャスで華やかなパーティードレスなどに使われることが多いです。
生地の持つ美しい光沢が舞台映えすることから、ステージ衣装などにも使われています。
合成繊維などのものは、すべりの良い特性を活かしスーツやジャケット、コートなどの裏地として使われることが多いです。
すべりの良い裏地は、脱ぎ着する際にスムーズにおこなえるので便利だといえます。
その他にもチャイナドレスに使われることも多く、このチャイナドレスに使われる本しゅすのことを特にタンタンピースと呼んでいます。

気をつけておくポイント

サテン生地は、とてもデリケートな生地なので指輪やハンドバッグなどの金具で引っかけてしまうとすぐに引きつれてしまいます。
尖ったものや引っかけてしまいそうなもののには、特に気をつけておきましょう。
保温性が高くない素材なので、冬場の外出には保温性の高い上着の着用がおすすめです。
吸水性があまりないため、夏場などの汗対策も気をつけておきましょう。
耐久性もないので、洗濯などを頻繁におこなうことは避けた方が良いでしょう。
この生地は、実用的なものに使うよりは装飾的なものに使うほうがよいといえます。

サテン生地のお手入れ方法

傷みやすく耐久性の低い生地なので、できるだけ洗濯機などにかけない方が良いでしょう。
高級なパーティードレスなどは、やはりクリーニングに出すことがおすすめです。
合成繊維などのものでも、中性洗剤を汚れた部分につけ手洗いで洗うようにしましょう。
皮脂汚れなら、この方法できれいにすることができます。
土やほこりなどがついた場合でも、部分洗いをしっかりすれば素材を傷める心配もありません。
洗濯を干す場合は、直射日光を避け陰干しにしましょう。
少し太めのしっかりとしたハンガーにかけて干せば、型崩れすることもなく安心です。